アーツカウンシルみやざきとは

アーツカウンシルみやざきは、宮崎県内の芸術文化の振興と発展のため、令和元年6月にスタートしました。

芸術文化の振興のためには何が必要でしょうか?例えば、助成金を必要なところに出してあげること、芸術文化活動で困っている人の相談にのってあげること、宮崎の文化を全国に発信をすること、現在の芸術文化にあった事業評価、そして政策提言をすること、などが必要です。これらすべてがアーツカウンシルみやざきの仕事です。

文化とは、成果や結果が出るのに時間がかかるものです。行政と現場をつなぐ文化の専門家をおくことで長期的な支援ができるようになります。

芸術文化が趣味のもの、お金持ちのものという時代は終わりました。芸術文化とは人間賛歌の哲学です。ここにいること、これが好きだと言えること、これが文化です。だから文化は、教育や、産業や、農業、まちづくりとつながり、生活の中に、人生の中に不可欠な文化を育て、守り、次の世代、そして未来に渡すことを使命としています。

スタッフ紹介

プログラムディレクター (非常勤職員)

現在、アーツカウンシル新潟(公益財団法人新潟市芸術文化振興財団)プログラムディレクター。1970年、東京都池袋生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。大阪市立大学大学院創造都市研究科修了。(都市経済学修士)フリーのアートプロデューサーとして活動の後,自治体支援のもと文化コンテンツ関連企業の資金調達の仕組みづくりに従事するほか、公立研究施設での文化産業論の研究やアートスペースの運営、アニメ・映像メディア等のイベント開催も担当。全国のコンテンツ産業の支援組織であるNPOで、コンテンツ関連イベントや調査、若手人材の発掘、育成等の事業に従事。2012年(公財)沖縄県文化振興会文化芸術推進課プログラムディレクター(沖縄版アーツカウンシル事業担当)に就任。3年8か月の間に、延べ116の文化芸術団体・事業の事務局機能の整備、若手人材の育成を支援。文化芸術政策の他、都市、地域産業等、地方自治政策全般を専門としている。実践女子大学非常勤講師。おかやま文化芸術アソシエイツアドバイザー。

プログラムオフィサー 山森 達也(常勤職員

1980年、神奈川県相模原市生まれ。静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科修士課程修了(アートマネジメント専攻)。民間企業での営業業務や映像制作を行う。2009年に浜松創造都市協議会の事務局長に就任。シンポジウム等の運営統括する一方で、日本文化政策学科事務局長を兼任。2011年認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ入社。行政と産業、そして市民活動をつなぐアートプロジェクトの企画・プロデュースを行う一方、浜松クリエイティブ産業機構を立ち上げ、創造都市を目指すプロジェクトを実施。主な業務実績「double box test ~浜松市まちなかプロジェクションマッピング事業」「Creative Milieu ~創造的環境創出に向けた地下空間利活用実験事業」「スタ☆タン!!」「タイムトラベル100時間ツアー」「表現未満、文化祭」の企画立案やプロデュース等